神は死んだ。

こんばんは、翠子です。昨日、神が死にました。(比喩)
わたしは地方の隠れ切支丹で、見たこともない存在するのかも分からない天草四郎の存在を信じて一心に信仰し小汚い木で出来た十字架に毎日祈りを捧げている毎日でした。ですが、ある日突然急に天草四郎なんていねーよ! 伴天連なんて馬鹿げてる! と冷や水を浴びせられた気分になり、どうしたら良いのか困惑している所に現れた天草四郎様から今までの崇拝は何だったのかと思いたくなるような発言を投げ掛けられ、天草四郎なんて嫌いになりたいのに、でも嫌いになれなくて、そういう気持ちです。崇拝するものが無くなったのでどうしたら良いか分からずに戸惑っています。何かほんと、馬鹿みたい。今までのわたし、馬鹿みたいだなあ。
……何のこっちゃって感じですみません。天草四郎の風評被害ですみません、わたしは歴史上の人物で一番天草四郎が好きです……。最近更新が滞っていますが、SAN値がピンチで気が触れており発狂チャンネルのスイッチが入っているのでますます更新が滞ると思います……皆さんさようなら。

追記。間違えて拍手してしまった……気が触れているので許してください。
スポンサーサイト

醜形恐怖のメンヘラブスによるメイク記事~世界で一番お姫様になりたかった喪女編~

この記事はブロとものみ閲覧できます
プロフィール

翠子

Author:翠子
君はそれをきぼうだと言った、わたしはとてもぜつぼうしていた

Twitter

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる